« モタード仕様 | Home | バルブタイミング »

BAZZAZ F1コントロールシステム取り扱い開始しました。

CIMG2432.JPG

耳慣れないメーカーだと思いますが、最新のシステムがアメリカから上陸しました。

その名は、バザーズ!USヨシムラ開発をしながらでマットムラディンを担当し、

彼に3つのチャンピオンシップを獲得するサポートをおこなった人であります。

 

今までのF1コントローラとの違いは、いろいろありますが、

まずは、 大きく分けて3ランクの機種に分かれます。

1つ目は、通常のインジェクションコントローラー。

2つ目は、コントローラーにクイックシフターが内臓されたもの。

3つ目は、コントローラーとシフターとトラクションコントローラーが付いたもの。

そして総ての機種にオプションのセルフマッピング機能がつけれます。

セルフマッピングとは、簡単に言うと、パソコンの画面上でデータロガーと

にらめっこしながら空燃費を最適に合わせるようにX軸とY軸のアクセル開度と

エンジン回転数のプラスマイナスを1つずつ入れ込む作業が不要になります。

走行するか、シャーシダイナモ上でエンジンを回しロギングさせてそのデータを

理想空燃費を入力して落とし込むだけで最適に補正するシステムです。

長くなりましたのでその2でまた!

2010年01月27日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.speedtec.co.jp/blogmt/mt-tb.cgi/26

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)