« テストです。 | Home | キャリパーサポート »

チェーンが!

CIMG2361enjin.JPG

チェーンが何らかの不具合で切れた場合エンジンにケースが重大な損害を受けるこ我多いです。

今回は、ドライブスプロケットとジェネレーターギアとの内外のクリアランスがあまりない状態でしたが

うまいこと溶接で修理することができました。この場合、ケースの上下を規定トルクでつなぎ

バーナーなどで温度管理をしながらすばやく溶接してひずみを最小限にしないとケースがパーに

なりますので神経を使う作業です。このような作業もしますのでお困りの方は、どうぞ。

2010年01月21日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.speedtec.co.jp/blogmt/mt-tb.cgi/21

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)