« BAZZAZ取り付け | Home | アコサット »

最近の仕事 BAZZAZサブコン

CIMG2612.JPG

最近シャーシダイナモ仕事が増えてきました。BAZZAZ ZFi Z-AFM取り付けです。

 

CIMG2610.JPG

BAZZAZ の標準機にオプションのセルフマッピング機能 Z-AFMを

取り付け、シャーシダイナモ上でアクセル開度、回転数に応じた最適値を

自動的にサンプリング、演算中です。目標A/F値も0.1刻みに設定可能でギアポジションごとの

変更も可能です!インジェクションのセッティングが非常に簡単になりました。

もちろん実走でセッティングするとより確実ですが、サーキットに行く前に

基本マップをつくっておくこともできます。

CIMG2613.JPG

全開域しかサンプリングしていませんがごく短い時間で

大きな変化をためすことができます。これはサーキットで

強い味方になるでしょう。サブコンもこれからは

扱いやすいものがトレンドになっていくのかもしれません。

もちろんその他パワーコマンダーやEMS-PRO、キットパーツ

対応していますので セッテイングお任せください!

2010年03月07日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.speedtec.co.jp/blogmt/mt-tb.cgi/45

コメント

例のあれですね。
最近データロガー、各種センサー、ライダーのセッティングに対する適応力や、親和性、サスペンションやエンジンのバランスなどなど話し合う内容が非常に濃くなってきました。
TANEがそのイメージをどういう風に持って走るのかが楽しみです。

このデバイスも、手軽さや値段の安さはかなりレーサーの武器のひとつになりえますね。実装走行の更なる報告を楽しみにしております。

投稿者 okada : 2010年03月09日 21:50

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)