« ニンジャニンジャ | Home | ニンジャ 続き 2 »

ニンジャ 続き

CIMG2714.JPG

ピボットシャフトです。大体抜いたら錆びています。もっとひどくなると

スイングアームベアリングレースが抜けなくなります。

 

CIMG2715.JPG

 

 

ざっと旋盤で研磨して錆を落としてから

 

CIMG2717.JPG

ストレスのかかるパーツですが古い設計ですのでシャフト径が細いので

曲がりがないか計測します。このシャフトは100分の1.5ミリの曲がりでした。(合格)

 

17インチにしてハイグリップを履かしてかなりきつい走行をするといろんな

所にストレスがきます。フレーム補強やダウンチューブ等を入れないで

長い間 ハイペースで使用しているとエンジンマウントボルトが引きちぎれたり

ドライブシャフト付近のエンジンケースにクラックが入ることも実際にあります。

たまにはその辺も整備がてら診てみることも必要です。

 

CIMG2718.JPG

補強済みスイングに交換です。

CIMG2719.JPG

 

ついでにたまっていたステンボルト加工をしました。

CIMG2722.JPG

 

ステンテーパーボルトを作っています。軽量化?おしゃれです。

 

まだまだ続きます。

2010年04月21日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.speedtec.co.jp/blogmt/mt-tb.cgi/62

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)