« またまた | Home | 忍者 GPZ900R 新商品  »

粉体ペイント

   

 

 なんだか読み返してみるとほとんどエンジンネタばかりですが、

 もちろんほかのこともやってます。まあ、外注仕事で出せないものも あるので

全部ではありませんが、こんなこともはじめましたー!

 

 ということで最近のシリーズですー!行ってみよー!

 

P1010416.JPG

 

この黄色いバネは言わずと知れたオーリンズ。

 

P1010418.JPG  

 

 新品のこれを剥離して

 

  P1010420.JPG

 

ジャーン! 大型恒温槽です!かなり前に購入してたのですが、手がつかず、

危うく物置になりかけてましたが運用始めました。

 

まあ、主に何に使うかというと大型オーブンですな。なんでも焼きます!

 

 

 

P1010423.JPG

 

 

とりあえず、特殊パウダーかけて焼き上がり。

 

P1010425.JPG

 

この色はUSリンクルカラーといって変わった肌が素敵な一品です。質感UPに最高。

 190度位の高温で焼くので金属部品でないと厳しいですが、エンジンのカバー類、

 ステーや小物、その他いろいろ対応します。カラーもいろいろありますので

これもまた紹介していきます。もちろん、エンジンオーバーホール時に エンジンのオールペイントや、

ガンコート、フレーム補強の際に粉体ペイントなど 内製でやってみたいと思います。

P1010437.JPG

 

 J-GP2ヘッドのポート加工終わりました。

 

P1010440.JPG

 

データがないので1000ccのSBK仕様に近い感じでの加工で様子を見ます。

 

P1010448.JPG

 

ついでに前に加工していたZZR1200のポートも加工しました。

 

P1010449.JPG

 

ZRX系ヘッドと比べてINポート径が大きいので早く組んでみたいですな。

 

  P1010451.JPG

 

こちらはリリースされたばかりのナイトロン NTF43Φ 

コンベンショナルレーシング シリーズ フォークですな

。このフォークは購入時に全長に合わせたインナーチューブ、表面処理、カラー、

スプリングレートまで指定できるセミオーダーなスペシャルフォークです。

コンプレッションにHi,Loの独立調整がついています。市販車では

YZF-R6が最初に標準装備しましたな。正立フォークでは初めてではないかと。

サーキットではセッティング幅がより広がり便利ではないかと。

シールもSKFシール標準装備ですな。アウターチューブは

カシマコートです。これは自己潤滑性のある硬質アルマイトですな。

簡単に言うと。まあ、豪華!

 

P1010454.JPG

 

 後発だけにオーリンズを研究しているみたいで基本寸法、アフターパーツなどは

オーリンズのものを使用できますが、ボディーサイズは、同一出ないので車種専用品というわけには行きません。

なのでどうしても加工が必要になります。 アクスルのあタッチメントなども別途制作が必要です。

キャリパーサポートなどはオーリンズのアフターパーツが使用できます。

スタビライザーなどは外径差があるので使用できないものもあるかもしれません。

 

P1010456.JPG

 

 今回もオーリンズにはあるディスクの逃げがナイトロンにはないのでジグをこさえて

 

 

P1010461.JPG

 

新品高級フォーククランプしてバリバリ切削します。ドキドキ(;´д`)

 

P1010464.JPG

 

オーリンズのフォークのボトムに合わせてかなりの量を切削したので

ネジ山出ないかドキドキ(;´д`)ものでしたがなんとか出来上がり。

 

P1010466.JPG  

 

無事各部、クリアランス取れましてできあがりです。

ジグ作ったので次回からは 楽に作業できます。困った方はよろしくー!

 溜まった分を一気に放出してしましましたがまた地道にネタを探して アップしますー!

 

 ほなまたー!

 

 

 

2013年03月16日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.speedtec.co.jp/blogmt/mt-tb.cgi/177

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)