« 各部検証 | Home | 最近のスピテク »

なんかいきなり暖かく

 

 

急に最近暖かくなってきました。

ああ、花粉の季節が近づく。

 

 

RIMG0142.JPG

 

暖かくなってくると皆さんも土から這い出すようで

ぼちぼちとばたばたしてきました。

 

オーリンズフォークのインナーチューブの曲がり測定です。

オーリンズのフォークO/Hがたまっているので

やっていきます。インナー曲がりは転倒するといがいと

曲がってしまうものですが、ある程度ならばそのまま使用してしまいます。

たまたま新品があったので測定してみましたが倒立インナーチューブ

50センチ センター測定で振れ 0.004ミリということは

半分の0.002ミリでした。かなーり高精度です。

バイクのエンジン内部の部品以外は、たとえば

アクスルシャフト類などは純正品で公差は、0.2から0.03くらいは

必ずふっているものです。レースkitパーツは、かなりの

高精度で作っていますが、やはり値段は市販品の10倍以上しますね。

 

RIMG0145.JPG

 

旋盤で長物を削る予定なのでついでにチャックの芯だしのセンターにしました。

ほかのシャフト類も10本くらい測ったのですがこれが一番でしたので。

チャックも100/1以下の振れで調整できました。

 

 

RIMG0146.JPG

 

ステムシャフトを製作してます。材質は7075。

 

 

 

RIMG0147.JPG

 

カムシャフトのホルダーの内径を計った結果は!

 

 

RIMG0148.JPG

 

インテーク側のカムチェーン側が100/1 一部小さいところ発見。

 

RIMG0149.JPG

 

エキゾースト側は24.002でカムが23.963なので

オイルクリアランスは、0.0195くらいですな。

インテークは0.0135なのでオイル油膜でもかなりの

抵抗がある感じでした。修正したところ軽く回るようになりました。

 

 

RIMG0154.JPG

 

念のためにカムシャフトの振れもチェック。問題なしです。

 

 

RIMG0151.JPG

 

修正前のカムホルダ。少しあとが付いています。あの部分だけが

きついようです。なぜに?カムホルダが薄いので変形?

 

RIMG0152.JPG

 

今日は測定物をついでに全部やってしまいました。室温も20℃で安定してたので。

 

ほなまたー!

 

 

 

2011年02月24日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.speedtec.co.jp/blogmt/mt-tb.cgi/126

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)