« 秋もふかまり | Home | バッテリー »

新商品、取り扱い開始しました。

 

 

 

 

カワサキ GPZ900R  T-Craft 製

リアフェンダー、ナンバープレートステー 取り扱い開始しました。

 

FRP製 と カーボン製があります。

FRP製は、黒ゲルコート仕上げとなります。

価格ですが、FRP 黒ゲルコート製   定価 23000円

カーボン製    定価  27000円 となります。

取り付けはボルトオンでできますが、マフラーステーの

取り付けや、リアサスのリザーバタンクの取り付け等で

フェンダーを加工する必要があるものもあります。

バッテリーケースの横まで一体式なので隙間に

荷物をかなり収容できます。シートレールに

純正品と同じく差し込んで固定しますのでしっかりと装着できます。

 

 

P1000208.JPG

P1000209.JPG

 

 

 

かなり収納スペースが出来ました。

 

 

P1000210.JPG

 

 

P1000190.JPG

 

 

後ろ側にも荷物スペースが広がります。日帰りツーリング程度でしたら

リアバックをつけなくてもだいじょうぶ?

 

スタイリッシュで機能性も高まる T-Craft 製 フェンダーの

ご注文をおまちしています!

 

あと、まだあります!

 

 

P1000204.JPG

 

聞きなれないメーカーだと思いますがアメリカ製で

本国ではすでにブレイクしている模様の

最新の小型軽量バッテリーです。

 

SHORAI BATTERY

正規取扱店になりました。

このバッテリーの特徴は、簡単にいいますと、

まず、鉛酸を使用していません、なので軽量にできています。

どのくらい軽量化といいますと、

GPZ900R用でいいますと純正バッテリーの重量が

4.6(実測)キロですが、このSHORAIだと680(実測)グラムになります。

なんとバッテリー交換だけで 約3.9キロの軽量化になります。

あと、クランキングパワーがあがるのでセルモーターが

力強くまわって始動性が格段にあがります。

 

価格も他社のリチウムポリマーバッテリーが4万円近くするのに対して

SHORAI BATTERY LifePO4 は、2万円を切る価格で

純正バッテリー並みの低価格を実現しました。

 

鉛酸バッテリーやリチウムポリマーバッテリーと

比較しても 安全性も高いです。

 

 

自己放電率も 鉛酸バッテリーと比較して7分の1ですので

ライフも長く使用できます。

 

とまあ、長々と書きましたが将来的にこのバッテリーが

環境面や、性能などでスタンダードバッテリーとなっていくと思われます。

 

サイズもかなり小型化できるので収納にも自由度が高まるので

カスタムにももってこいです。

 

ぜひ、御注文  お待ちしています!

 

 

2011年10月13日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.speedtec.co.jp/blogmt/mt-tb.cgi/151

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)